奥さん、乳首見えてますよ2話「勃起チ○ポに飢えたセクシーな唇が無防備過ぎて…」のネタバレ

人妻は、玄関に倒れこみイった余韻で体をしばらくビクつかせていた。

 

彼女の突き出されたムチムチのお尻を見て、

 

それにしても何というエロいケツしてんだ・・・

しかもこんな無防備に突き出して・・・

 

 

たちまち我慢できなくなった男は、

ワレメに吸い付いて出てくる汁をすべて吸い尽くしたい!!

 

と思い、マ○コの形がくっきり浮かんでいるソコを指でいじり始めた。

 

男はマ○コのニオイをかぎ、ちょうどいい年代の匂いに感情が高ぶる!!

 

人妻は、恥ずかしそうにしていながらも興奮しているようで顔が赤く火照っている。

 

そして男は彼女のワレメをパンティーの上から舐め始めた。

 

「汚いから舐めちゃダメ・・・だめなのホントに恥ずかしいのぉ・・・」

 

彼女は舌でもイかされてしまうのだ。

 

パンツの上からでもわかるがぐちょぐちょじゃねえか!

 

「すっごいエロ汁垂らしてるし・・・こりゃあ旦那にバレたら相当ヤバいだろうなぁ~」

 

人妻は、旦那にだけはこの事を知られたくないと、必死で男に言わないようにお願いする。

 

「なんでもいう事聞きますから・・・」

 

彼女がそういうと、男は手始めにと肉棒をしゃぶらせた。

 

さっき一人でしこったばかりで、男のアソコは臭い。

 

人妻はニオイに顔を引きつらせるが、チロチロと舐め始めた。

 

「いつも旦那さんに奉仕してるみたいに一生懸命しゃぶってくださいよぉ」

 

彼女も、パンティーがマン汁でジワッと濡れていた。

 

男にうながされ、すでに我慢できない彼女も自分でしゃぶりながらオナニーし始め絶頂に達する!!

 

 
>>ハンディコミックはこちら
※「奥さん」で検索すると見つかります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です