奥さん、乳首見えてますよ3話「顔も胸もオマ○コも…ザー汁まみれの全身が無防備過ぎて…」のネタバレ

「もう もう我慢できない・・・」

 

「だめっ・・・それはだめぇ・・・」

 

「お願いだから一発だけっ・・・」

 

それだけは絶対ダメ、夫に離婚されちゃう、と男を止めようとするが、

もうやめれるはずがありません。

 

彼女のワレメに肉棒をあてがいグニグニさせると、ぬるぬるして今にも入ってしまいそう。

 

ダメと言いながら開いた股を閉じる気は全くないみたいだな。

 

「せめてゴムだけは付けて下さい・・・」

 

もちろん、男の家にゴムなんてあるはずもなくそのまま生で挿入してしまった!!

 

「ごめん奥さん間違って生で入れちゃった・・・」

 

彼女の中はヌルヌルで、

 

すげえぇ気持ちいい!!

 

「抜いてっ・・・今日危険日だから赤ちゃんできちゃう・・・」

 

ヌプププ

 

人妻のスゴイ締め付けにたちまち男はイってしまう。

 

そしてすぐにまた生で挿入。

「また生でっ・・・だめぇぇっ・・・抜いて早くぅ・・・」

 

顔に出すと、彼女は自ら精液を舐めるのだ。

 

もう快感で訳が分からなくなっている様子の人妻。

 

意識がもうろうとしているのか、男を旦那と間違えている様子だ。

 

そして再び中出し。

 

マジでやっちまった・・・
旦那にバレたらヤバいよな?

慰謝料とか請求されたら払えないし・・・

 

そして、事を終えると土下座して彼女にあやまり、

困った様子の彼女は、

「2人だけの・・・秘密・・・にして下さい」

というと急いで彼の家から出て行った。

 

それからしばらくして、男は就職活動をしていた。

いつものように満員電車に乗ると、むにゅっと柔らかい感触に気付く。

 

この感触は、間違いなくおっぱいだ。それもかなりの巨乳だ。

 

ふと自分に密着してくる女の顔を見ると、

 

近所のあの巨乳の人妻だった!!!

 

 
>>ハンディコミックはこちら
※「奥さん」で検索すると見つかります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です